コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズバルトノツの古代遺跡 ズバルトノツノコダイイセキ

1件 の用語解説(ズバルトノツの古代遺跡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ズバルトノツ‐の‐こだいいせき〔‐コダイヰセキ〕【ズバルトノツの古代遺跡】

Zvartnots》アルメニア中西部のトルコ国境近くに位置する遺跡。アルメニア正教の聖地エチミアジンの近郊にある。7世紀創建とされる壮大な聖堂があったが、アラブ人の攻撃や地震などによって破壊され、現在はその遺構のみが見られる。2000年に、エチミアジン大聖堂とともに「エチミアジンの大聖堂と教会群及びズバルトノツの古代遺跡」の名称で世界遺産(文化遺跡)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ズバルトノツの古代遺跡の関連キーワードアルメニア人アルメニア美術中西ガルニ神殿カルメル市場エルメニアアルメニア・フィルハーモニー管弦楽団くるめアルメニア人大量殺害Zvartnots

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone