コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズバルトノツの古代遺跡 ズバルトノツノコダイイセキ

デジタル大辞泉の解説

ズバルトノツ‐の‐こだいいせき〔‐コダイヰセキ〕【ズバルトノツの古代遺跡】

Zvartnots》アルメニア中西部のトルコ国境近くに位置する遺跡。アルメニア正教の聖地エチミアジンの近郊にある。7世紀創建とされる壮大な聖堂があったが、アラブ人の攻撃や地震などによって破壊され、現在はその遺構のみが見られる。2000年に、エチミアジン大聖堂とともに「エチミアジンの大聖堂と教会群及びズバルトノツの古代遺跡」の名称で世界遺産(文化遺跡)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ズバルトノツの古代遺跡の関連キーワードZvartnotsショガカト教会聖リプシメ教会聖ガヤネ教会アルメニア

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android