コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズラトブラツキー ズラトブラツキー Zlatovratskii, Nikolai Nikolaevich

2件 の用語解説(ズラトブラツキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズラトブラツキー
ズラトブラツキー
Zlatovratskii, Nikolai Nikolaevich

[生]1845
[没]1911
ロシアナロードニキ作家。代表作は長編『礎 (いしずえ) 』 Ustoi (1878~83) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズラトブラツキー
ずらとぶらつきー
Николай Николаевич Златовратский Nikolay Nikolaevich Zlatovratskiy
(1845―1911)

ロシアの小説家。下級官吏の家庭に生まれる。ペテルブルグ工科大学を中退。作家としてのデビューは1866年。当初は労働者の生活を主要なテーマとしたが、70年代なかばから農村問題をテーマとするようになり、ナロードニキ的立場を明らかにした。しかし80年代末あたりから、あまりに農村共同体(オープシチナ)を理想化し、民衆(ナロード)の知恵を神秘的に崇拝しすぎるとの批判を受け、彼自身も危機を感じて、幻滅とペシミズムの色彩を濃くする。代表作は、共同体と搾取者・富農との戦いを描いた『礎(いしずえ)』(1878~83)。ほかに『少・青年時代』(1908~11)などの回想録や連作自伝短編集『かくありき』(1890、1911)も貴重である。[小平 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ズラトブラツキーの関連キーワード階乗NエヌN末端残基Bel Geddes,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone