コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイイグナチウスマメ セイイグナチウスマメ Strychnos ignatii; Saint Ignatius's bean

1件 の用語解説(セイイグナチウスマメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイイグナチウスマメ
セイイグナチウスマメ
Strychnos ignatii; Saint Ignatius's bean

フジウツギ科の中型高木で,フィリピンサマル島の特産とされる。葉は対生し,筒形の合弁花をつける。果実は球形の液果で,その種子を薬用とする。ストリキニン,ブルシンなどのアルカロイドを含有していて猛毒であるが,同属の近縁種であるマチンとともに古くから強壮剤,興奮剤として知られ,また殺虫,殺鼠剤にも使われるが毒性が強いためにきわめて危険である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セイイグナチウスマメの関連キーワードフジウツギ科比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲藤空木ドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染ナヨンピリピーノフサフジウツギ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone