セイイグナチウスマメ(英語表記)Strychnos ignatii; Saint Ignatius's bean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイイグナチウスマメ
Strychnos ignatii; Saint Ignatius's bean

フジウツギ科の中型高木で,フィリピンのサマル島の特産とされる。葉は対生し,筒形の合弁花をつける。果実は球形の液果で,その種子を薬用とする。ストリキニン,ブルシンなどのアルカロイドを含有していて猛毒であるが,同属の近縁種であるマチンとともに古くから強壮剤,興奮剤として知られ,また殺虫,殺鼠剤にも使われるが毒性が強いためにきわめて危険である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android