コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイス Sayce, Archibald H(enry)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイス
Sayce, Archibald H(enry)

[生]1845.9.25. グロスターシャー,グロスター
[没]1933.2.4. サマセット,バス
イギリスの言語学者。オックスフォード大学教授。アッシリア学の権威であり,またヒッタイト人の言語と歴史との研究の先駆者となった。著書『アッシリア文法-比較研究のために』 Assyrian Grammar,for Comparative Purposes (1872) ,『言語学序説』 Introduction to the Science of Language (2巻,79) ,『楔形文字碑文の考古学』 The Archaeology of the Cuneiform Inscriptions (1907) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セイスの関連キーワードパンツェッタ・ジローラモ百歳人、加藤シヅエ生きるエッセイスト・クラブそっと耳を澄ませばブリューゲルへの旅私の中のシャルトルミシェル レーリス散人/一名荷風歓楽ポラック(海水魚)ベラルーシの林檎砂川 しげひさエッセイ記念日海老名 香葉子山田 パンダ藤野 真紀子阿川 佐和子市田 ひろみ阿奈井 文彦原爆亭折ふし巨岩と花びら

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android