セイヨウマツムシソウ(読み)せいようまつむしそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイヨウマツムシソウ
せいようまつむしそう / 西洋松虫草
[学]Scabiosa atropurpurea Desf.

マツムシソウ科の一年草。南ヨーロッパ原産。茎は直立性で分枝し、高さ60~80センチメートル。葉は羽裂する。7~8月、やや球状の頭状花をつける。周辺部の花は花弁が大きく、中心部の花は花弁が小さい。しかし、改良された八重咲き種は中心部の花も花弁が大きくなっている。満開時に球形となり、長い柱頭が立って針山にピンを刺したようにみえるので、ピンクッション・フラワーpincushion flowerともいう。また、かすかな芳香があるので、スイート・スカビオスsweet scabiousともよばれる。花壇や切り花用に適した植物で、種子は外果皮を取り去って播(ま)くと、よく発芽する。酸性土ではよく育たないので、酸性土には石灰を散布することを忘れてはならない。[山口美智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセイヨウマツムシソウの言及

【マツムシソウ】より

…花が美しいため観賞植物とされる。セイヨウマツムシソウS.atropurpurea L.(英名sweet scabious)(イラスト)はヨーロッパ南部原産で多くの園芸品種があり,日本へは明治の初めに渡来した。なおヨーロッパでは民間薬とされ,その英名scabiousは疥癬(かいせん)scabiesを治すところからきたといわれる。…

※「セイヨウマツムシソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android