コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイロンスグリ Ceylon‐gooseberry

世界大百科事典 第2版の解説

セイロンスグリ【Ceylon‐gooseberry】

熱帯や亜熱帯で栽培されるイイギリ科の常緑果樹で,高さ5~6mに達し,鋭いとげを有し,枝は下垂しやすい。葉は互生し,披針形ないし卵形革質,長さ11cm,縁には鋸歯がないかまたはわずかに歯牙があり,裏面に細毛がある。雌雄異株で花はいずれも小さくて緑色,前年生の枝梢(ししよう)に着生するが,雌花は腋生(えきせい)。雄花散形花序に群生する。果実は球形で径約2cm。果梗は長さ約0.8cm,果皮は栗紫色のビロード状,外観は美しく,一見大型のブドウ果粒を思わせる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報