コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セウ寺院 セウジイン

デジタル大辞泉の解説

セウ‐じいん〔‐ジヰン〕【セウ寺院】

Candi Sewu》インドネシア、ジャワ島中部のプランバナン遺跡にある大乗仏教の石造寺院。8~9世紀頃にシャイレーンドラ朝の影響を受けて建造された。「1000の寺院」を意味し、240基以上の小祠堂の遺構がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

セウじいん【セウ寺院】

インドネシアのジャワ島中部、ジョクジャカルタのプランバナン寺院史跡公園(世界遺産)北端にある仏教寺院遺跡。同遺跡公園内にある寺院の遺構は、ボロブドゥール寺院遺跡群とともにジャワ建築の最高傑作とされている。◇セウ寺院もその一つで、現地では「チャンディセウ」(Candi Sewu)と呼ばれている。「セウ」は数字の「千」(無数)を表す。セウ寺院は、9世紀ごろに建立された「ペルワラ」と呼ばれる多数の小寺院の集合体で、現在のところ249のペルワラの遺構が確認されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

セウ寺院の関連キーワードセウ寺院アルジュナ寺院群スクー寺院チェト寺院チュト寺院パオン寺院プランバナン寺院群ムンドゥッ寺院ムンドゥット寺院ロロジョングラン寺院

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android