セザール賞(読み)セザールショウ

大辞林 第三版の解説

セザールしょう【セザール賞】

映画に与えられるフランスの年度賞。アメリカのアカデミー賞にならい、1976年に制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セザール賞
せざーるしょう
Csar du Cinma Franais

フランスのアカデミー賞に相当する映画賞。映画の振興を目的として設立された映画芸術技術アカデミーにより授与される。映画芸術技術アカデミーは、各分野の映画人および著名人を会員とし、会員たちの投票でセザール賞を決定する。1976年に第1回目の授賞式が開催された。選考の対象となるのは、前年にフランスで公開された作品およびそのスタッフで、作品賞や監督賞、男・女優賞ほか、各技術部門の最優秀賞、短編やアニメーション、ドキュメンタリーの最優秀賞、新人賞、外国映画賞などの賞がある。また、国際的に名高い映画人に対して栄誉賞が授与される。1981年(昭和56)には『影武者』(黒澤明(くろさわあきら)監督、1980年)が最優秀外国語映画賞を受賞。また、フランス在住の撮影監督永田鉄男(ながたてつお)(1952― )は、2002年(平成14)に『将校たちの部屋』(2001)で、2008年に『エディット・ピアフ 愛の讃歌』(2007)で2度最優秀撮影賞を受賞している。[伊津野知多]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セザール賞の関連情報