セバスチャン(読み)せばすちゃん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セバスチャン
せばすちゃん
St. Sebastian英語
Sebastianusラテン語

キリスト教の聖人。3世紀ごろ、ローマ帝国のディオクレティアヌス皇帝に仕えた士官で、皇帝の信頼厚く、人々からも信望を得ていた。しかしローマ帝国が禁止していたキリスト教にひそかに帰依(きえ)したために、死刑の宣告を受け、木に縛られ多くの矢傷を受けて倒れたが、彼は息を吹き返し、ふたたび皇帝をいさめて弾圧の非を説いた。そこで、また処刑され、ついに殉教を遂げた。ペストを防ぐ聖者としてヨーロッパで広く崇拝され、護符や絵画彫刻が多く、射撃、狩猟の守護聖者となっている。祭日は1月20日である。[植田重雄]
『ヤコブス・デ・ウォラギネ著、前田敬作・今村孝訳『黄金伝説I』(1979・人文書院/平凡社ライブラリー)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セバスチャンの関連情報