コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セバスティアーノ・デル・ピオンボ Sebastiano del Piombo

世界大百科事典 第2版の解説

セバスティアーノ・デル・ピオンボ【Sebastiano del Piombo】

1485ころ‐1547
イタリア盛期ルネサンスの画家。本名ルチアーニSebastiano Luciani。ベネチアに生まれ,ジョバンニ・ベリーニの下で修業をしたが,ジョルジョーネから多大な影響を受けたと思われる。1511年にローマへ移った後は,親密になったミケランジェロに深く傾倒すると同時にラファエロのライバルとして活躍する。ベネチア時代に身につけた抒情性を風景描写等にかいま見せながら,ミケランジェロから学んだ劇的な人物表現の魅力を《ラザロの復活》(1517‐19)等の大作に発揮している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セバスティアーノ・デル・ピオンボの関連キーワードティツィアーノベネチア派ピエタ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android