コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セバスティアーノ・デル・ピオンボ Sebastiano del Piombo

1件 の用語解説(セバスティアーノ・デル・ピオンボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セバスティアーノ・デル・ピオンボ【Sebastiano del Piombo】

1485ころ‐1547
イタリア盛期ルネサンスの画家。本名ルチアーニSebastiano Luciani。ベネチアに生まれ,ジョバンニベリーニの下で修業をしたが,ジョルジョーネから多大な影響を受けたと思われる。1511年にローマへ移った後は,親密になったミケランジェロに深く傾倒すると同時にラファエロライバルとして活躍する。ベネチア時代に身につけた抒情性を風景描写等にかいま見せながら,ミケランジェロから学んだ劇的な人物表現の魅力を《ラザロの復活》(1517‐19)等の大作に発揮している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セバスティアーノ・デル・ピオンボの関連キーワードキリストの復活ジョルジョーネティツィアーノドナテロピサネロフーケラファエロギルランダイヨコレッジョクワトロチェント

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone