コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリクプ族 セリクプぞくSel'kup

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セリクプ族
セリクプぞく
Sel'kup

シベリアの西部,エニセイ川下流部のトゥルハン川,タズ川とオビ川上流部のトミ川,ケチ川の間の地域に居住する少数民族。 1930年代までは「オスチャーク・サモイェード」と呼ばれた。人口約 3600。言語はウラル語族のサモディ語派に属し,タズ,トミ,ケトの3方言に区分される。 30年代につくられた文字はタズ方言に基づく。伝統的生業は狩猟採集,漁労のほか,北方ではトナカイ牧畜も行われた。古くは南方に由来する農耕や土器製造,織物,冶金も行われていた痕跡がある。 17世紀以降,ロシア人との接触により,社会的・経済的に大きな変容が生じた。ソ連時代にはソフホーズコルホーズに編成され,牧畜や農業にも従事していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セリクプ族の関連キーワードサモディ諸族セリクプ語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android