コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルウィウス・ツリウス セルウィウス・ツリウスServius Tullius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルウィウス・ツリウス
Servius Tullius

伝説的な古代ローマ第6代の王(伝説では在位前578~前535)。ローマ市民を財産額に従って 5階級に分けて兵員会構成の単位とする,いわゆるセルウィウス制またはケンツリア制の創設者とされるが,一般にはこの体制はより後代のものと考えられている。伝説によれば,エトルリア人 (実際はラテン人だったらしい) で,第5代の王タルクイニウス・プリスクスの奴隷から身を起こし,その娘をめとり王となった。王としては銀と青銅の貨幣をつくらせ,ディアナ神殿やセルウィウス城壁を建て,またラテン人との条約を結んだとされるが,その業績の多くは後代彼の名に帰しただけと思われる。娘ツリアとその夫で次のローマ王となったタルクイニウス・スペルブスに殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セルウィウス・ツリウスの関連キーワードフォルトゥナタナクイルローマ七王エクイテストリブス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android