コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルウィウス・ツリウス Servius Tullius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルウィウス・ツリウス
Servius Tullius

伝説的な古代ローマ第6代の王(伝説では在位前578~前535)。ローマ市民を財産額に従って 5階級に分けて兵員会構成の単位とする,いわゆるセルウィウス制またはケンツリア制の創設者とされるが,一般にはこの体制はより後代のものと考えられている。伝説によれば,エトルリア人 (実際はラテン人だったらしい) で,第5代の王タルクイニウス・プリスクスの奴隷から身を起こし,その娘をめとり王となった。王としては銀と青銅の貨幣をつくらせ,ディアナ神殿やセルウィウス城壁を建て,またラテン人との条約を結んだとされるが,その業績の多くは後代彼の名に帰しただけと思われる。娘ツリアとその夫で次のローマ王となったタルクイニウス・スペルブスに殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セルウィウス・ツリウスの関連キーワードフォルトゥナエクイテスタナクイルローマ七王トリブス

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android