セルギウス3世(読み)セルギウスさんせい(英語表記)Sergius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「セルギウス3世」の解説

セルギウス3世
セルギウスさんせい
Sergius III

[生]?. ローマ
[]911.4.14. ローマ
第119代教皇在位 904~911)。ローマ人。897年にステファヌス6世(7世)が殺されたのち教皇に擁立されたが,ヨハネス9世ら反対勢力にローマを追われ,スポレト伯アルベリック1世のもとに逃れた。アルベリック1世の援助によってローマに戻り,904年に登位。教皇レオ5世らを絞殺し,反対勢力に対抗して執政官テオフィラクツス一家と結び,その娘マロツィアとの間にのちの教皇ヨハネス11世をもうけたと考えられている。ラテラノ大聖堂を再興

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android