コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルギウス3世 セルギウスさんせいSergius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルギウス3世
セルギウスさんせい
Sergius III

[生]?. ローマ
[没]911.4.14. ローマ
第119代教皇(在位 904~911)。ローマ人。897年にステファヌス6世(7世)が殺されたのち教皇に擁立されたが,ヨハネス9世ら反対勢力にローマを追われ,スポレト伯アルベリック1世のもとに逃れた。アルベリック1世の援助によってローマに戻り,904年に登位。教皇レオ5世らを絞殺し,反対勢力に対抗して執政官テオフィラクツス一家と結び,その娘マロツィアとの間にのちの教皇ヨハネス11世をもうけたと考えられている。ラテラノ大聖堂を再興。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セルギウス3世の関連キーワードクリストフォルスステファヌステオドラ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android