コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレシン ceresin

翻訳|ceresin

世界大百科事典 第2版の解説

セレシン【ceresin】

石油鉱床,石炭鉱床などで産出される地蠟(ちろう)を精製した蠟状の物質。融点60~80℃,比重0.915~0.925。ふつうわずかに黄色みを帯びるが,精製すると白色の無臭物となる。水に不溶,アルコール,ベンゼンなどの有機溶媒に可溶である。油脂類,石油類,パラフィン蠟,樹脂などと溶けあう。酸価,ケン化価,ヨウ素価は0。絶縁体,ろうそく,封蠟,皮革クリームなどのつや出し剤として利用される。【内田 安三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のセレシンの言及

【地蠟】より

…成分はCnH2n,ときにCnH2n+2の炭化水素が主成分で,動植物から得られる蠟(脂肪酸と水に不溶な高級一価アルコール類または二価アルコール類とのエステル)とは化学的成分を異にするものである。精製したものはセレシンの名称がある。ヨーロッパ,旧ソ連,エジプト,アメリカなどの石油鉱床,石炭鉱床に産し,とくにウクライナのボリスラフ地方の油田が名高い。…

※「セレシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セレシンの関連キーワードコールドクリーム地ろう口紅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android