コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレシン ceresin

翻訳|ceresin

1件 の用語解説(セレシンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セレシン【ceresin】

石油鉱床,石炭鉱床などで産出される地蠟(ちろう)を精製した蠟状の物質。融点60~80℃,比重0.915~0.925。ふつうわずかに黄色みを帯びるが,精製すると白色の無臭物となる。水に不溶,アルコールベンゼンなどの有機溶媒に可溶である。油脂類,石油類,パラフィン蠟,樹脂などと溶けあう。酸価,ケン化価,ヨウ素価は0。絶縁体,ろうそく,封蠟,皮革クリームなどのつや出し剤として利用される。【内田 安三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のセレシンの言及

【地蠟】より

…成分はCnH2n,ときにCnH2n+2の炭化水素が主成分で,動植物から得られる蠟(脂肪酸と水に不溶な高級一価アルコール類または二価アルコール類とのエステル)とは化学的成分を異にするものである。精製したものはセレシンの名称がある。ヨーロッパ,旧ソ連,エジプト,アメリカなどの石油鉱床,石炭鉱床に産し,とくにウクライナのボリスラフ地方の油田が名高い。…

※「セレシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セレシンの関連キーワード火成鉱床後生鉱床堆積鉱床探鉱同生鉱床交代鉱床鉱床学充填鉱床油蓋石スカルン鉱床

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セレシンの関連情報