石油鉱床(読み)せきゆこうしょう(英語表記)petroleum deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油鉱床
せきゆこうしょう
petroleum deposit

地下の岩石中に集積した原油の量と質が経済的に採掘する価値があると判断されたとき,その原油集積の地層部分をいう。岩石中に集積する液相の原油は多くの場合海成堆積岩の構成粒子の間隙を満たし,背斜構造あるいはドーム構造に移動集積している。原油の集積している岩石 (泥岩砂岩,炭酸塩岩など) を油層岩という。石油鉱床の規模は,地下にあるこの集積構造の大きさと油層岩の孔隙率の大小によって決る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android