コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油鉱床 せきゆこうしょうpetroleum deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石油鉱床
せきゆこうしょう
petroleum deposit

地下の岩石中に集積した原油の量と質が経済的に採掘する価値があると判断されたとき,その原油集積の地層部分をいう。岩石中に集積する液相の原油は多くの場合海成堆積岩の構成粒子の間隙を満たし,背斜構造あるいはドーム構造に移動集積している。原油の集積している岩石 (泥岩砂岩,炭酸塩岩など) を油層岩という。石油鉱床の規模は,地下にあるこの集積構造の大きさと油層岩の孔隙率の大小によって決る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石油鉱床の関連キーワードテキサス・インスツルメンツ[会社]テキサス・インスツルメンツキャップロック天然ガス鉱床アラバスターアスファルト岩塩ドーム石油地質学タラカン島地蝋・地蠟高橋 純一セレシン天然ガス菌類分布高橋純一地ろう油蓋石トタル探鉱油田

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android