コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸価

栄養・生化学辞典の解説

酸価

 油脂の性質を示す指標となる数値の一つ.油脂が,もともと,もしくは一部が加水分解して遊離脂肪酸を含んでいると,その酸がアルカリで中和されることから遊離脂肪酸の含量の指標となる.油脂1gに含まれる遊離脂肪酸を中和するのに必要な水酸化カリウムの量をmgで表示し,脂肪酸の炭素数によって値を補正する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

酸価【さんか】

油脂,蝋,潤滑油などに含まれる遊離脂肪酸の量を示す尺度で,試料1gを中和するのに必要な水酸化カリウムのミリグラム数で表す。食用油脂ではこの値が1以下であることが必要とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんか【酸価 acid value】

油脂または蠟などの油脂類1g中に含まれる遊離脂肪酸およびその他の酸性物質を中和するのに要する水酸化カリウムのmg数。酸価の測定には,油脂の酸価に応じた重量(1~10g)の油脂試料を精秤し,中性にしたベンゼンアルコール溶液(2:1)等に溶解し,フェノールフタレインなどを指示薬としてアルコール性水酸化カリウム溶液(1/10規定または1/2規定)で滴定する。濃色の試料では指示薬として2%アルカリブルー6Bを用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸価
さんか
acid value

油脂1グラム中に含まれている遊離脂肪酸を中和するのに要する水酸化カリウムのミリグラム数をいう。油脂試料をエチルエーテル‐エタノール混液(たとえば2対1)に溶かし、1%フェノールフタレイン溶液を指示薬として中和し算出する。酵素の作用による加水分解により、また自動酸化の結果として、遊離脂肪酸が生成してくる。自動酸化とは大気中の酸素分子による緩慢な酸化をいう。まずヒドロペルオキシド(過酸化脂質)を生ずるが、ついで酸価も上昇する。新鮮な精製油の酸価は小である。酸価が大のものは品質が劣る。[福住一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

酸価の関連キーワードサフラワー油(データノート)ライヒェルト‐マイスル価ダイズ油(大豆油)アルミナホワイトオリーブ油アミノ酸価スタンド油エステル価TBA値ボイル油セレシンTBA価コメ油肉料理米糠油鯨油酸敗顔料鶏卵

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸価の関連情報