コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸価

4件 の用語解説(酸価の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

酸価

 油脂の性質を示す指標となる数値の一つ.油脂が,もともと,もしくは一部が加水分解して遊離脂肪酸を含んでいると,その酸がアルカリで中和されることから遊離脂肪酸の含量の指標となる.油脂1gに含まれる遊離脂肪酸を中和するのに必要な水酸化カリウムの量をmgで表示し,脂肪酸の炭素数によって値を補正する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

酸価【さんか】

油脂,蝋,潤滑油などに含まれる遊離脂肪酸の量を示す尺度で,試料1gを中和するのに必要な水酸化カリウムのミリグラム数で表す。食用油脂ではこの値が1以下であることが必要とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんか【酸価 acid value】

油脂または蠟などの油脂類1g中に含まれる遊離脂肪酸およびその他の酸性物質を中和するのに要する水酸化カリウムのmg数。酸価の測定には,油脂の酸価に応じた重量(1~10g)の油脂試料を精秤し,中性にしたベンゼンアルコール溶液(2:1)等に溶解し,フェノールフタレインなどを指示薬としてアルコール性水酸化カリウム溶液(1/10規定または1/2規定)で滴定する。濃色の試料では指示薬として2%アルカリブルー6Bを用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸価
さんか
acid value

油脂1グラム中に含まれている遊離脂肪酸を中和するのに要する水酸化カリウムのミリグラム数をいう。油脂試料をエチルエーテル‐エタノール混液(たとえば2対1)に溶かし、1%フェノールフタレイン溶液を指示薬として中和し算出する。酵素の作用による加水分解により、また自動酸化の結果として、遊離脂肪酸が生成してくる。自動酸化とは大気中の酸素分子による緩慢な酸化をいう。まずヒドロペルオキシド過酸化脂質)を生ずるが、ついで酸価も上昇する。新鮮な精製油の酸価は小である。酸価が大のものは品質が劣る。[福住一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸価の関連キーワードカプリン酸加工油脂過酸化物価可食油脂けん(鹸)化価工業用植物油脂食用植物油脂水産油脂粉末油脂変敗油脂

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸価の関連情報