コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地蠟 ちろうearth wax

1件 の用語解説(地蠟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちろう【地蠟 earth wax】

鉱物蠟の一種。オゾケライトozokeriteともいう。成分はCnH2n,ときにCnH2n+2の炭化水素が主成分で,動植物から得られる蠟(脂肪酸と水に不溶な高級一価アルコール類または二価アルコール類とのエステル)とは化学的成分を異にするものである。精製したものはセレシンの名称がある。ヨーロッパ,旧ソ連,エジプトアメリカなどの石油鉱床,石炭鉱床に産し,とくにウクライナボリスラフ地方の油田が名高い。石油中のパラフィン油の硬化,重合などによって生じたものと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone