セレタ文化(読み)セレタぶんか(英語表記)Szeleta culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレタ文化
セレタぶんか
Szeleta culture

中部ヨーロッパの後期旧石器時代初頭の文化。標準遺跡はハンガリーのセレタ遺跡。葉形の尖頭器を特色とする。中部ヨーロッパの中期旧石器文化の一つの特徴である両面加工の尖頭器から発展したものと考えられ,後期旧石器文化が各地で成立したことを示す一つの例としてよく取上げられる。かつてはソリュートレ文化故地とも考えられたが,確証はない。オーリニャック文化との接触を示す遺跡も各地で発見されている。骨角器もみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android