コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレッソ大阪 セレッソオオサカ

デジタル大辞泉の解説

セレッソ‐おおさか〔‐おほさか〕【セレッソ大阪】

日本プロサッカーリーグのクラブチームの一。ホームタウンは大阪市堺市。昭和32年(1957)、ヤンマーディーゼルサッカー部として発足。平成5年(1993)に改称し、平成7年(1995)Jリーグに参加。
[補説]「セレッソ(cerezo)」はスペイン語で桜の意。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

セレッソ大阪

スペイン語で「桜」(大阪市の花)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

セレッソ大阪

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。1995年に加盟。大阪府を活動区域とする。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セレッソ大阪
せれっそおおさか

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属クラブ。欧文表記はCEREZO OSAKA。法人名は「大阪サッカークラブ株式会社」。大阪市をホームタウンとし、大阪府を活動区域とする。ホームスタジアムは大阪長居スタジアム(収容人員5万)、長居球技場(収容人員2万)。チーム名のセレッソ(CEREZO)は、大阪市の花であるサクラを意味するスペイン語。マスコットはオオカミをキャラクター化した「ロビー」とその母「マダム・ロビーナ」で、知性と敏捷(びんしょう)性、団結力を表している。クラブカラーはピンク。
 1957年(昭和32)ヤンマーディーゼル株式会社サッカー部として創部。1965年に第1回日本サッカーリーグに参加した。1992年(平成4)には第1回JFL一部に参加、翌1993年に大阪サッカークラブ株式会社を設立してチーム名をセレッソ大阪と改称し、Jリーグ準会員となった。1995年にJリーグ正会員となり、Jリーグ昇格を果たす。2002年にディビジョン2(J2)降格を経験したが、翌2003年にはディビジョン1(J1)に復帰。2007年にJ2に降格、2010年にJ1に復帰した。
 前身のヤンマーディーゼルは天皇杯優勝3回、日本リーグ優勝4回を誇る名門。「世界の釜本(かまもと)」とよばれた釜本邦茂(くにしげ)(1944― )が所属した。過去に在籍した選手に大久保嘉人(よしと)(1982― )、森島寛晃(ひろあき)(1972― )、西澤明訓(あきのり)(1976― )らがいる。[中倉一志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セレッソ大阪の関連キーワードエレガンテ・エスプレンディーダ・マダマ・ロビーナ・デ・セレッソノブレ・バリエンテ・アッチェ・ロビート・デ・セレッソマルチネス(Edgar Martinez)ホルヘ・ルイス・デリー バルデスブルーノ クアドロス大阪府大阪市東住吉区ディエゴ・フォルランお見送り芸人しんいちホドリゴ・ピンパォン大阪市長居陸上競技場アイドリング!!!徳島ヴォルティスキム ジンヒョンレヴィー クルピキム ボギョンアドリアーノジェーワンジルマール松木安太郎キャラバン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セレッソ大阪の関連情報