(読み)さかい

精選版 日本国語大辞典「堺」の解説

さかい さかひ【堺】

[一] (和泉国と摂津、河内両国との境にあったために呼ばれた) 大阪府中部の地名。大和川を隔てて大阪市に隣接。古くから西高野、熊野などの街道が通じ、鎌倉時代から瀬戸内海の要港として知られた。室町時代には対明、対南蛮貿易が盛んとなり、富商を中心とする自由都市を形成。豊臣秀吉、徳川家康も共にここを直轄地とした。明治時代以後、綿糸、刃物の在来工業を基礎に金属、繊維の近代工業が発達。第二次世界大戦後は鉄鋼、石油化学工業が立地する臨海工業地帯が造成された。大鳥神社、家原寺(えばらじ)、百舌鳥八幡宮(もずはちまんぐう)、仁徳天皇陵などがある。明治二二年(一八八九)市制。
[二] 明治元年(一八六八)和泉国に置かれた県。同四年の廃藩置県後、河内国を合わせ、同九年には奈良県を合併したが、同一四年奈良県を分離して大阪府に編入。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「堺」の解説

さかい〔さかひ〕【堺】

大阪府中部にある市。大和川下流にあって、大阪市と隣接する。室町から江戸初期にかけて外国貿易の中心地として栄えた。現在は重化学工業が発達。名は摂津和泉河内にまたがり、それらのに位置するところに由来。平成18年(2006)4月、指定都市となった。人口84.2万(2010)。
堺市の区名。大山(だいせん)古墳がある。
[補説]堺市の7区
北区堺区中区西区東区南区美原区

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「堺」の解説


さかい

大阪府中西部,大阪湾に面する都市。中世以来の要港
地名は摂津・和泉・河内3国の境に位置したことに由来する。室町時代,応仁の乱(1467〜77)後,遣明船が入港して以来,勘合貿易の港として発展。戦国時代は南蛮貿易で繁栄し,戦国時代後期には,会合衆 (えごうしゆう) による自治支配が行われた。織田信長矢銭(軍用金)2万貫の要求も拒否したが,のち屈服。豊臣秀吉大坂城築城とともに住民を大坂へ強制移転させ,そのため微した。江戸時代は直轄地堺奉行が置かれ,糸割符占有権を与えられた。1889年市制施行。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android