(読み)サカイ

デジタル大辞泉の解説

さかい〔さかひ〕【堺】

大阪府中部にある市。大和川下流にあって、大阪市と隣接する。室町から江戸初期にかけて外国貿易の中心地として栄えた。現在は重化学工業が発達。名は摂津和泉河内にまたがり、それらの境に位置するところに由来。平成18年(2006)4月、指定都市となった。人口84.2万(2010)。
堺市の区名。大山(だいせん)古墳がある。
[補説]堺市の7区
北区、堺区、中区西区東区南区美原区

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さかい【堺】

大阪府中南部、大阪湾に面する市。指定都市。南北朝期以後港湾都市として発展し、特に応仁の乱後は日明にちみん貿易の根拠地として栄え、町政は三六人の会合えごう衆によって自治的に運営された。江戸時代は幕府の直轄領で、堺奉行が置かれた。現在、電力・鉄鋼・石油コンビナートなどが立地。

さかい【堺】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堺の関連情報