コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜本邦茂 かまもとくにしげ

3件 の用語解説(釜本邦茂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釜本邦茂
かまもとくにしげ

[生]1944.4.15. 京都
サッカー選手。 1964年早稲田大学2年生のときオリンピック東京大会に出場,1968年オリンピックメキシコ大会では日本の9得点中7点を上げて得点王に輝き,日本サッカー史上最高の銅メダル獲得に大きく貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釜本邦茂 かまもと-くにしげ

1944- 昭和後期-平成時代のサッカー選手,指導者。
昭和19年4月15日生まれ。早大2年で東京五輪に出場。関東大学リーグで4年連続得点王。ヤンマーディーゼルにはいり,昭和43年メキシコ五輪で得点王となり,銅メダル獲得の原動力となる。日本リーグ在籍17年間に202得点,得点王7回。ヤンマー監督,ガンバ大阪監督をつとめ,平成7年参議院議員(自民党)。10年日本サッカー協会副会長。17年日本サッカー殿堂入り。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釜本邦茂
かまもとくにしげ
(1944― )

サッカー選手、監督、日本サッカー協会名誉副会長。日本サッカー史上最高といわれるストライカー。4月15日、京都府生まれ。中学校から本格的にサッカーを始め、山城(やましろ)高校、早稲田(わせだ)大学を経てヤンマーディーゼルに入社。19歳でA代表入りし、日本代表の中心選手としてオリンピック・東京大会、メキシコ大会に出場した。とくにメキシコ大会では日本の銅メダル獲得に大きく貢献、自身も7ゴールをあげて得点王に輝いた。代表選手として231試合(うち国際Aマッチ75試合)に出場して153得点。国際Aマッチでの通算得点72は日本最多である。日本リーグでも七度の得点王に輝き、リーグ最多の202得点をあげた。1979年(昭和54)に引退。ガンバ大阪の初代監督を務めた。[中倉一志]
『釜本邦茂著『ゴールの軌跡――釜本邦茂自伝』改訂版(1995・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釜本邦茂の関連キーワード草サッカー栃木サッカークラブミニサッカーサッカー批評週刊サッカーマガジン犬飼基昭岡野俊一郎川淵三郎長沼健佐々木則夫

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釜本邦茂の関連情報