コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センウセルト[1世] Senusert I

世界大百科事典 第2版の解説

センウセルト[1世]【Senusert I】

古代エジプト第12王朝2代目の王。在位,前1971年ころ‐前1928年ころ。王朝の始祖アメンエムハト1世の子。父王との10年の共治の後リビア遠征中に父王が暗殺されるが,機敏な行動で事態を収拾し,巧みな政治力で王朝の基礎を固めた。新たに発見された金鉱の確保を目ざしてナイル川第2急湍(きゆうたん)までの下ヌビアを征服,ブヘンに要塞を築いて南境を防衛し,シリアとの交易を復活した。ヘリオポリスカルナックファイユームなど国内各地に神殿を建造したが,採石のための遠征隊をシナイ半島アスワン,東部砂漠に送った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報