コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルナック Al-Karnak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルナック
Al-Karnak

エジプト,ナイル川東岸,ルクソール北東 1.5kmの町。古代都市テーベの南部がルクソールの名で呼ばれ,北部がカルナックとなっている。アモン神に捧げられたカルナック神殿は巨大な石柱が林立する世界最大規模の遺跡として有名。

カルナック
Carnac

フランス西部,ブルターニュ半島南岸モルビアン県,キブロン湾北岸の町。周辺一帯にみられる 3000ヵ所以上の有史前の巨石記念物により広く知られる。カルナックの東には高さ 20mのメンヒルで知られるロクマリアケールがあり,町には考古博物館がある。人口 2559 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カルナック(Carnac)

フランス西部、ブルターニュ地方、モルビアン県の村。新石器時代の末期から青銅器時代の初期にかけて造営された巨石群で知られる。町の北側の草原地帯に、数キロメートルにわたるアリニュマン(列石)やドルメン支石墓)がある。メネック、ケルマリオ、ケルレスカンの3か所の巨石群を合わせると約3000もの石が使われている。

カルナック(Karnak)

エジプト南東部、ナイル川東岸の観光都市ルクソールにある古代エジプト最大の神殿遺跡。アモンを祭ったアモン大神殿を中心とし、前2000年ごろの中王国時代に創建。以後増築を重ねて極めて複雑な構成になっている。ほかに大オベリスクなども残る。1979年「古代都市テーベとその墓地遺跡」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。カルナック神殿。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カルナック【Karnak】

ナイル中流域のルクソルにある古代エジプトの遺跡。アモン神のカルナック神殿がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のカルナックの言及

【カルナック神殿】より

…エジプトのテーベ近郊,ルクソル神殿より北東へ約3km,カルナックKarnakにあるイプト・イスウト(最も選ばれた場所)として知られる古代エジプト最大の神殿。中王朝期より(特に第18王朝初めより)2000年にもわたって,トトメス1世・2世・3世,ハトシェプスト,アメンヘテプ3世,ラメセス1世・2世・3世,プトレマイオス2世・3世,ティベリウスに至るまで,拡張,取壊し,修復を繰り返してきた。…

※「カルナック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カルナックの関連キーワードウージェーヌ ギュビックファラオニックビレッジテーベ(古代エジプト)センウセルト[1世]アメンヘテプ[3世]サールハシーシュトトメス[3世]カルナック列石ルクソール神殿スフィンクスラムセス1世ラムセス2世エジプト建築アマルナ美術ホレムヘブセティ1世ギユビック太陽崇拝ルクソルセクメト

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルナックの関連情報