コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センジュガンピ Lychnis gracillima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センジュガンピ
Lychnis gracillima

ナデシコ科多年草。本州中部,北部の深山に生える。全草草質で軟らかい。茎は直立し高さ約 40cmで,毛が散生する。葉は対生し質薄く無毛。7~8月,茎頂に集散状にまばらに分枝し,径約 2cmの白花をつける。花柄は細長く無毛。は緑色,鐘形で長さ約 8mm,先端が5裂し,裂片は卵形で先がとがる。花弁は5枚で平開し,下に楔形の爪があり,先は浅く切込む。おしべは 10本。子房は長卵形で,花柱は5本。蒴果は卵形で先端が5裂する。種子は細かくて多数ある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のセンジュガンピの言及

【センノウ(仙翁)】より

…本州から九州にかけて分布する日本特産種で,栽培されることもある。センジュガンピL.gracillima Makinoは本州の中部以北に生育し,葉はふちが波打ち,花は白色で径2cmほどである。エンビセンノウL.wilfordii Maxim.は本州中部以北と北海道に分布する。…

※「センジュガンピ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android