センダン科(読み)せんだんか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センダン科
せんだんか
[学] Meliaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉の高木または低木。全体に分泌細胞があり、芳香をもつ。葉は互生し、多くは羽状複葉まれに単葉。花は両性、多くは5数性で放射相称。萼片(がくへん)、花弁はともに5枚。雄しべは5または10本で、多くは花糸が合着して筒をつくる。子房は4、5室。果実は核果または蒴果(さくか)。おもに熱帯、亜熱帯に分布し、50属約1400種あり、日本にはセンダンのみ分布する。また、チャンチンが栽培される。家具材として知られるマホガニーもこの科である。

[山崎 敬 2020年10月16日]

 APG分類でもセンダン科とされる。

[編集部 2020年10月16日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android