コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントキャサリンズ Saint Catharines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントキャサリンズ
Saint Catharines

カナダ,オンタリオ州南東部の都市。ハミルトンの南東約 60km,オンタリオ湖エリー湖を結ぶウェランド運河沿いに位置する。 18世紀後期イギリス人が入植,19世紀末までは鉱泉で有名であった。その後果樹の集散地として発展し,ガーデンシティーと呼ばれるようになった。現在は自動車部品重電機土木機械,果実缶詰などの工業が主産業。南方にナイアガラ崖がある。人口 13万1400(2011)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android