セヴォス(読み)Sevoz,Denis

朝日日本歴史人物事典の解説

セヴォス

没年:1896.10.14(1896.10.14)
生年:生年不詳
明治期に来日したフランス人鉱山技師。1856年サン・テチエンヌ鉱山学校を卒業後,フランス各地で溶鉱炉技師を勤め,明治3(1870)年1月17日生野銀山首長で先輩のコワニェ推薦で来日した。地質専門家として月570円もの高給で雇われ,生野では主に鉱石の調査や分析に当たった。着任してすぐに25歳になる竹田屋きよが奉公にきて,ふたりの間に男の子が生まれた。このため,きよは生野を追われ,セヴォスもまた7カ月の幼児を残し4年9月30日自分の写真を一葉置いて日本を去るはめになった。帰国後,フレイザン鉄工場に入社し技術指導をし,さらに1894年にスペインの工場で要職につき,当地死去

(澤護)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android