コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーフェル・イェツィーラー Sepher Yetzirah

1件 の用語解説(セーフェル・イェツィーラーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セーフェル・イェツィーラー【Sepher Yetzirah】

ゾーハル》と並ぶカバラの根本経典。書名は〈形成の書〉の意。アブラハムが天使から直接伝授されたとされているが,現行テキストの成立は3~6世紀と考えられる。本書は生命の樹を構成する10のセフィロトとその相互を結ぶ22の小径(ヘブライ語アルファベットに対応)の本質と属性とを規定する。そして〈神〉が宇宙を創造するときに用いた32の秘密の知恵を明らかにしており,このことから後世ゴーレム創造の教本とも信じられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のセーフェル・イェツィーラーの言及

【カバラ】より

…これは《エゼキエル書》におけるエゼキエルの幻視を追体験することによって,霊界参入を果たそうとする神秘主義である。後3世紀から6世紀の間に《セーフェル・イェツィーラー(形成の書)》という最も重要なカバラ文献が成立する。これは後述する〈生命の樹〉の10のセフィロトと22の小径に宇宙論的象徴体系を配当したものである。…

※「セーフェル・イェツィーラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セーフェル・イェツィーラーの関連キーワード阿含経カルバラー金剛頂経根本史料宗典書名中払ひ外腹桑原訶都カバラ数秘術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone