コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼゼラ ゼゼラ Biwia zezera

2件 の用語解説(ゼゼラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼゼラ
ゼゼラ
Biwia zezera

コイ目コイ科。日本に固有の淡水魚。全長5~8cm。体はやや円筒形で,背方は淡黄褐色,腹方は銀白色を帯び,背,背鰭,尾鰭に小黒点が散在する。琵琶湖および淀川水系にのみ分布していたが,近年は関東地方や九州にも移殖されて繁殖している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼゼラ
ぜぜら
[学]Biwia zezera

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚。日本特産種で、琵琶(びわ)湖淀(よど)川水系と木曽(きそ)川水系に天然分布していたが、現在は北陸地方と関東地方以西の本州と九州にも広がっている。全長10センチメートル足らずの小形の底生魚で、ひげをもたない。湖や川の泥底部に生息し、藻類や小形の底生動物などを摂食している。4~7月ごろアシやマコモの根に産卵して、雄がその卵塊を保護する。佃煮(つくだに)の材料になるが、鮮度が落ちやすく、頭もとれやすいのが難点である。[水野信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼゼラの関連キーワードソウギョフナ油鮠諸子似鯉都鱮ゼブラダニオツチフキ(土吹)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone