ゼツェシオン

精選版 日本国語大辞典「ゼツェシオン」の解説

ゼツェシオン

〘名〙 (Sezession) 一九世紀末、オーストリアウィーンにおこり、ドイツ、オーストリアの各地に広がった芸術革新運動。また、その団体。過去の様式からの分離をめざし、絵画、建築、工芸などの多方面にわたった。分離派セセッション

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ゼツェシオン」の解説

ゼツェシオン(〈ドイツ〉Sezession)

19世紀末、ドイツ・オーストリアに興った芸術運動。既存機構や過去の芸術様式から分離して新しい創造をめざし、建築・工芸・絵画など多方面に及んで、各国に大きな影響を与えた。分離派。セセッション。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android