コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離派 ぶんりはSezession

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分離派
ぶんりは
Sezession

19世紀末にドイツおよびオーストリアで起った絵画,建築,工芸などの革新運動の一派。ゼツェッションとも呼ばれる。フランス印象派やアール・ヌーボーの影響を受けて,アカデミズムや従来の展覧会組織から分離して自由な表現活動を目指した。 1893年に M.スレフォークト,M.リーバーマンを中心にミュンヘン分離派が結成され,この運動はベルリンにも波及した。次いで 97年 G.クリムトの指導下にウィーン分離派が生れ,絵画と並んで建築と工芸の分野でも活発な運動が展開され,ドイツのユーゲントシュティール (青春様式) の普及に大きな役割を果した。 1906年には新分離派と自由分離派とに分裂し,他の諸都市にも広がった。日本でもウィーン分離派の影響を受けて,20年堀口捨巳らによる分離派建築会が生れ,旧朝日新聞東京本社,中央電信電話局などがその新しい主張によって建てられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

分離派の関連キーワードホフマン(Josef Hoffmann)ヨーゼフ・フランツ・マリア ホフマンヴィルヘルム ハンマースホイピルグリム・ファーザーズエビニーザー アースキン分離派(芸術革新運動)マックス リーバーマンプトレマイオス[1世]ロヴィス コリントピーリッサール島メシュトロビッチレヒネル・エデンブラッドフォードゼツェッシオンペヒシュタインラスコーリニキグリーンウッドシュトゥックドナトゥス派クリューエフ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android