コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼニタナゴ ゼニタナゴ Acheilognathus typus

2件 の用語解説(ゼニタナゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼニタナゴ
ゼニタナゴ
Acheilognathus typus

コイ目コイ科の淡水魚。体長 8cm内外。体は菱形で著しく側扁する。体の背方は緑褐色,側・腹面は淡褐色を帯びた銀白色。各鱗のまわりが暗色なので,これが小さな網目斑紋に見える。浅い池や沼にすみ,水草や藻類を食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼニタナゴ
ぜにたなご / 銭
[学]Pseudoperilampus typus

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚。全長7~9センチメートルの小魚で、側線は不完全、ひげはない。平野部の浅い池沼やこれに連なる細流の水草の茂みに多い。9~11月にマツカサガイドブガイなどに産卵し、孵化(ふか)した仔魚(しぎょ)は翌春まで貝の中にとどまる。[水野信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゼニタナゴの言及

【タナゴ(鱮)】より

…イタセンパラの生態の特徴は産卵期が秋季で,貝の中に産着された卵はその鰓葉内で孵化(ふか),発育しつつ越冬し,翌春5月ころに仔魚(しぎよ)が水中へ泳ぎ出すことである。秋季に産卵するタナゴ類はこのほかカネヒラA.rhombeaとゼニタナゴPseudoperilampus typusの2種がある。このうちのゼニタナゴも減少の著しい魚の1種と考えられる。…

※「ゼニタナゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゼニタナゴの関連キーワードソウギョホンモロコフナ油鮠黒鰱諸子似鯉白鰱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゼニタナゴの関連情報