コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼータ ゼータ Zeta

翻訳|Zeta

4件 の用語解説(ゼータの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼータ
ゼータ
Zeta

モンテネグロにあるスカダル湖 (シコダル湖 ) 北部地域の歴史的名称。ラシュカと並んでセルビア人の国家組織揺籃の地。9世紀の中頃から政治的統一の動きが現れ,11世紀中頃にコンスタンティン・ボディンのもとで最大版図に達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゼータ(Ζ/ζ/zeta)

ギリシャ文字の第6字。ツェータ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ゼータ

イタリアのランチアが1994年から2002年まで製造、販売していた乗用車。5ドアのミニバンPSA・プジョーシトロエンとフィアットグループの合弁会社手掛けるユーロバンの一車種。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゼータ【zeta・Ζ・ζ】

ギリシャ語アルファベットの第六字。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゼータの言及

【セルビア】より


【歴史】

[中世セルビア王国の建国]
 7世紀初頭にバルカン西部に南下・定住した南スラブ系のセルビア人は,当初,族長(ジュパンžupan)に率いられた諸部族に分かれ対立・抗争を続けていた。その領域はラシュカRaška(現在のセルビア南西部),ゼータZeta(モンテネグロ),フムHum(ヘルツェゴビナ)に及んだ。8世紀から12世紀にかけて,セルビア人の南部地域は隣接するブルガリア王国やビザンティン帝国の強い影響を受け,その支配下に入った。…

【モンテネグロ】より

… 公用語は,セルビアと同じくキリル文字を用いるセルビア語である。
【歴史】

[モンテネグロ国家の建国]
 7世紀初頭に南下したセルビア人諸部族は,中世にラシュカRaškaと呼ばれた内陸部の今日のセルビア南西部の地から,その西方のゼータZetaと呼ばれた今日のモンテネグロをなす山岳地,フムHumと呼ばれた今日のヘルツェゴビナの地に定住した。8世紀から12世紀にはブルガリア王国やビザンティン帝国の支配下に置かれたが,部族の統合も進められ,11世紀中ごろにゼータとフムはボイスラフVojislavのもとに統合された。…

※「ゼータ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゼータの関連キーワードモンテネグロ笑みこだるセルビアモンテネグロシュコダル湖SerbiaMontenegroモンテネグリン・マウンテン・ハウンドシュコダル[湖]モンテネグロ共和国スカダル[湖]モンテネグロ,F.C.M.

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゼータの関連情報