コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソクスレー抽出器 ソクスレーちゅうしゅつき

百科事典マイペディアの解説

ソクスレー抽出器【ソクスレーちゅうしゅつき】

固体試料中の可溶性成分を揮発性溶媒を用いて抽出する装置。上部に還流冷却器,その下に固体試料を入れた筒形の濾紙(ろし)をおく部分があり,下部のフラスコに溶媒を入れて熱する。
→関連項目抽出(化学)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソクスレーちゅうしゅつき【ソクスレー抽出器 Soxhlet’s extractor】

固体試料中の不揮発性可溶成分を揮発性溶媒を用いて抽出する装置。図のように上部に還流冷却器をとりつけ,その下に固体試料を入れた試験管形のろ(濾)紙を入れる部分があり,これがその下のフラスコとすり合せでつながれている。フラスコ中に抽出しようとする溶媒を入れて熱すると,溶媒の蒸気は図の右方の細い側管を通って還流冷却器まで上昇し,冷却されて液体となってろ紙の中の固体試料の上に落ちる。溶媒は固体試料の可溶成分を溶かし,溶液となった部分はろ紙を通って左側の細管部分に入り,液が上部にまで達するとサイホンの原理によってフラスコ中に落ちてくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android