コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソデガイ

百科事典マイペディアの解説

ソデガイ

ソデガイ科の巻貝の一群の総称。殻口の外唇(がいしん)が外方へ張り出しているので袖貝の名がある。褐色で白斑が並ぶマイノソデガイ(高さ8cm)などが代表種。広くはソデガイ科全体をいい,紡錘形で褐色のシドロガイ(高さ6cm),イモガイに形が似ているマガキガイ(高さ6cm)などが含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソデガイ
そでがい / 袖貝

軟体動物門の腹足綱と二枚貝綱に属する、それぞれ一部の貝類の総称。異なった類を同名でよぶので混乱しやすいが、名はいずれも貝殻の形に由来する。
 巻き貝のほうはスイショウガイ科の総称で、ソデボラ類ということもある。一般に殻は大きく螺塔(らとう)は円錐(えんすい)形に高まり、殻表は褐色の殻皮をかぶり、黒褐色の斑紋(はんもん)帯がある。殻口の外唇が外方へ袖(そで)のような形に開き、その上縁に指状突起があり、内面も紅色のものが多い。代表的なものはマイノソデガイEuprotomus aurisdianae、ベニソデガイE. bulla、ウラスジマイノソデガイE. vomerなどで、奄美(あまみ)諸島以南、太平洋、インド洋のサンゴ礁帯に多い。
 二枚貝のほうは、原鰓(げんさい)類のシワロウバイ科のうち、殻が扁平(へんぺい)で前方が丸く、後方が背側に反った形の類をいう。ゲンロクソデガイSaccella confusaは房総以南の浅海の砂底にすみ、フリソデガイCnesterium notabilisやエゾソデガイC. johanniは、房総以北の浅海の砂泥底にすむ。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソデガイの関連キーワード浅貝動物群舞の袖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android