ソフィア王妃芸術センター(読み)ソフィアおうひげいじゅつセンター

世界の観光地名がわかる事典の解説

ソフィアおうひげいじゅつセンター【ソフィア王妃芸術センター】

スペインの首都マドリードにある国立の美術館。18世紀に、スペイン王カルロス3世(1716~1788年)がイタリア人建築家サバティーニ(Francisco Sabatini)に命じて建設した病院の建物を、美術館として改装したもので、常設展で人気が高い。パブロ・ピカソサルバドール・ダリ、ジョアン・ミロの作品をはじめとして、20世紀の近現代美術を中心に所蔵。特に、フランコ政権崩壊後スペインに里帰りしたピカソの代表作「ゲルニカ」は、しばらくプラド美術館別館に収められていたが、現在は、この美術館に展示されている。◇プラド美術館の近く、スペイン国鉄、および地下鉄のアトーチャ駅のすぐそばにある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ソフィアおうひ‐げいじゅつセンター〔‐ワウヒ‐〕【ソフィア王妃芸術センター】

スペインのマドリードにある国立美術館。18世紀に建てられた病院を改装し、1986年に開館した。ピカソの「ゲルニカ」をはじめ、ダリミロなどの近現代美術作品を多く収蔵する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android