コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラド美術館 プラドびじゅつかんMuseo del Prado, Madrid

5件 の用語解説(プラド美術館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラド美術館
プラドびじゅつかん
Museo del Prado, Madrid

スペイン,マドリードプラド通りにある世界有数の国立美術館スペイン王家のコレクションを中心に 1819年王立美術館として開館,68年現名称に改称された。新古典主義の荘重な建築は,1785年カルロス3世の命により J.ビリャヌエバの設計で,自然史美術館として建設が始ったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プラド‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【プラド美術館】

Museo del Prado》スペインのマドリードにある世界最大級の国立絵画美術館。1819年に王立美術館として開館、1868年に国有化され現名称となる。ゴヤベラスケスエル=グレコなどスペイン画家の作品を中心に、フランドル派イタリア絵画なども収蔵する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

プラド美術館【プラドびじゅつかん】

スペイン,マドリードのプラドPrado通りにある国立美術館。国王フェルナンド7世によって王立美術館として1819年に開館。1868年の革命後に国有化されプラド美術館に改称された。
→関連項目マドリード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラドびじゅつかん【プラド美術館 Museo del Prado】

スペインのマドリードにある,スペイン王家コレクションの保存公開を目的に1819年に開館された,世界有数の絵画美術館。建物はビリャヌエバJuan de Villanueva(1739‐1811)によるスペイン新古典主義建築の代表作。数千点にのぼるコレクションは,ルネサンスから18世紀にいたるヨーロッパの主要流派を網羅しているが,歴代国王の趣味と宗教的・政治的な立場を反映し,ティツィアーノをはじめとするベネチア派,H.ボスからルーベンスにいたるフランドル派のコレクションがとくに優れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラド美術館
ぷらどびじゅつかん
Museo del Prado

スペインの首都マドリードにある世界最大級の国立絵画美術館。スペイン王家によって収集された作品の保存と公開とを目的に、フェルナンド7世の命により、1819年王立美術館として発足。1868年の革命後に国有化され、名称も現在のものに改められた。これは、かつてこの地がサン・ヘロニモのプラド(牧場)であったことに由来する。新古典主義の代表作とされる建物は、巨匠ホアン・デ・ビリャヌエーバの設計になる。
 1万7000点を超える収蔵品のうち絵画は約7600点で、その半分以上をスペイン絵画が占める。いずれも首席宮廷画家として活躍したベラスケスの『ブレダの開城』『マルガリータ王女』、ゴヤの2点の『マハ』をはじめとし、ギリシア出身のエル・グレコ、スペイン絵画の黄金時代を支えたリベラ、スルバラン、ムリーリョなどスペイン画家の作品収蔵にかけて他の追随を許さないことはいうまでもない。だが、この美術館のもう一つの特徴は、スペイン王家の趣味と、その勢力が及んだことを反映して、多数のフランドル、イタリア絵画の名品を所蔵することにある。前者にはロヒール・ファン・デル・ワイデンの最高傑作とされる『十字架降下』、ボスの『快楽の園』、85点ものルーベンスなどが含まれる。また、後者のベネチア派のコレクションは世界屈指といわれ、ティツィアーノには『ダナエ』など36点が、ティントレットには『赤子モーゼの発見』など25点が収蔵される。[湊 典子]
『坂崎乙郎著『プラド美術館――絵は語る』(1980・河出書房新社) ▽ホセ・ロヘリオ・ブエンディーア他解説、大高保二郎他訳 『プラド美術館』(1997・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のプラド美術館の言及

【スペイン美術】より

…ブルボン王朝が造営したマドリード王宮やグランハ離宮は,バロックと新古典主義が調和した建築で,内部にはロココ調の装飾が施されている。スペイン新古典主義の代表的な建築には,ビリャヌエバJuan de Villanueva(1731‐1811)がイスラム以来の伝統的な建築材である煉瓦を石と混用して建造したプラド美術館(1787)がある。スペイン建築がその驚くべき個性を発揮したのは,19世紀末のモデルニスモの巨匠アントニー・ガウディにおいてであった。…

※「プラド美術館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラド美術館の関連情報