コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミロ ミロ Milo, Titus Annius

8件 の用語解説(ミロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミロ
ミロ
Milo, Titus Annius

[生]?
[没]前48. コサ
古代ローマの政治家。ポンペイウス派に属し,カエサル派の L.クロディウス無法者や剣闘士奴隷 (グラディアトル ) を率いて抗争。前 54年には執政官 (コンスル ) 職当選を目指して壮大な競技を主催した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミロ
ミロ
Miró, Gabriel

[生]1879.7.28. アリカンテ
[没]1930.5.27. マドリード
スペインの小説家。詩的な暗示に富んだ絶妙の散文で,スペインのレバンテ地方の世紀末風俗を描写した。代表作は,悲恋にまつわる怪奇的なロマン『墓地のさくらんぼ』 Las cerezas del cementerio (1911) ,イエスにかかわる人物たちのスケッチ集『わが主キリスト受難の絵巻』 Figuras de la pasión del Señor (16~17) ,印象主義的な小説『われらの神父サン・ダニエル』 Nuestro Padre San Daniel (21) ,その後編ともいえる『癩病みの司教』 El obispo leproso (26) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミロ
ミロ
Miró, Joan

[生]1893.4.20. バルセロナ
[没]1983.12.25. パルマ
スペインの画家,彫刻家。生地バルセロナの美術学校に 14歳で入学,次いで同地のアカデミー・ガリで学んだ。 1918年最初の個展を開き,当時は具象的であるが激しい色彩の反アカデミズム的作風を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミロ(Joan Miró)

[1893~1983]スペインの画家。抽象的、記号的な形象と明るい色彩との調和により、天真爛漫(らんまん)で幻想的な画風を確立した。バレエ舞台装置・版画・彫刻・陶器などでも活躍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミロ

スペインの画家。バルセロナ生れ。同地の美術学校に学ぶと同時に,展覧会などを通じてフォービスムキュビスムの影響を受けた。1918年最初の個展を開き,翌年パリに出てピカソを知る。
→関連項目カリグラフィーゴーキーマッソンユネスコ(UNESCO)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミロ【Joan Miró】

1893‐1983
シュルレアリスムの代表的な画家。スペインのバルセロナに生まれ,同地の美術学校で学ぶ。1918年バルセロナで最初の個展。翌年パリに出る。はじめは静物や風景を素朴な感情で克明に描いていたが,24年ころから対象の外観にとらわれず記号に近いイメージを自由に描くようになる。同時にブルトンらと出会い,シュルレアリスム運動に参加。即興的な表現はしだいに自在さをましてゆき,明るい色調でオートマティックにあらわす形体から独特なユーモアがあふれ出る。

ミロ【Titus Annius Milo】

?‐前48
共和政末期のローマの政治家。ポンペイウスの勢力をバッククロディウスP.Clodiusの民衆扇動を妨害すべく前57年の護民官に就任,以来両者の率いる暴徒,剣奴(グラディアトル)団の街頭衝突により首都は数年間混乱に陥った。訴訟戦の末プラエトルとなってからはコンスル職をねらってポンペイウス派を離脱。前52年,プラエトル立候補中の宿敵クロディウスをアッピア街道上に襲撃して殺害し,有罪とされてローマ市を退去したが,前48年再び騒擾を企て処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミロ【Joan Miró】

1893~1983) スペインの画家。単純な形態と明るい色彩との調和によってのびのびとした幻想的な独自の造形をみせ、版画・彫刻・陶器でも活躍。作「アルルカンの謝肉祭」「星座」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミロの関連キーワードアリカンテアフリカンアメリカンアメリカンカンテかんてき有り形アリカンダヤング・アメリカンズアリカンテ・ダムアンティアリス・アフリカーナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミロの関連情報