ソフトウェア・キャリブレーション(読み)そふとうえあ・きやりふれえしよん,そふとうぇあ・きゃりぶれーしょん

カメラマン写真用語辞典の解説

ソフトウェア・キャリブレーション

 モニター特性を測定し、その結果をに、パソコンからの出力を調整することでモニターに表示される色を調整する方法。市販されている測色センサーとソフトウェアを用いれば、基本的にどのモニターでもキャリブレーションできる。  白色点、ガンマ輝度の目標値を指定し、測色をしながらその目標値に一致するように手作業、あるいは自動で調整を進める。デメリットとして、ビデオカードのRGB出力を調整(おもに減衰)して色を変換するので、階調減少や色つきが現れる場合がある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android