コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測色 そくしょくcolourimetry

世界大百科事典 第2版の解説

そくしょく【測色 colourimetry】

色を表示するのに用いられる諸量を測定すること。その内容はどのような表色系で色を表すかによって違ってくる。色をマンセル表色系で表そうとするなら,その色のH(ヒュー),V(バリュー),C(クロマ)を決定することが測色になる。例えばツユクサの花の色は6.5PB3.4/17.8などと同定することである。もちろんこのとき花を見ただけではこれらの数値や記号を決めることはできないので標準のマンセル色票を使い,それらを花と比べてみて花の色にいちばん近い色票を見つけ,そのHVCの値を読み取るのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

測色の関連キーワードハードウェア・キャリブレーションソフトウェア・キャリブレーションガブリエル チホフV. シャロノフ国際照明委員会マンセル色票CIE表色系標準観測者色(いろ)スガ試験機ステビンズ標準電球ツユクサ標準光源バリュー色彩計クロマ測色計流行色演色

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android