測色(読み)そくしょく(英語表記)colourimetry

世界大百科事典 第2版の解説

そくしょく【測色 colourimetry】

色を表示するのに用いられる諸量を測定すること。その内容はどのような表色系で色を表すかによって違ってくる。色をマンセル表色系で表そうとするなら,その色のH(ヒュー),V(バリュー),C(クロマ)を決定することが測色になる。例えばツユクサの花の色は6.5PB3.4/17.8などと同定することである。もちろんこのとき花を見ただけではこれらの数値や記号を決めることはできないので標準のマンセル色票を使い,それらを花と比べてみて花の色にいちばん近い色票を見つけ,そのHVCの値を読み取るのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android