コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソラリスの陽のもとに

2件 の用語解説(ソラリスの陽のもとにの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ソラリスの陽のもとに

ポーランドの作家スタニスワフ・レムの長編SF(1961)。原題《Solaris》。『エデン』『砂漠の惑星』と「ファーストコンタクト三部作」をなす。『ソラリス』の邦題もある。1972年、アンドレイ・タルコフスキー監督で映画化(邦題『惑星ソラリス』)。2002年、スティーヴン・ソダーバーグ監督で映画化(邦題『ソラリス』)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソラリスの陽のもとに
そらりすのひのもとに
Solaris

ポーランドSF作家スタニスワフ・レムのSF(1961)。ソラリスは生物のいない広大な海に覆われた惑星である。そこの観測ステーションに着任した心理学者ケルビンは先任者の1人が自殺し、あとの隊員たちも異常な状態にあることを発見する。この謎(なぞ)を解こうと頭を悩ますケルビンの前に、なんと10年前自殺した妻ハリーが出現する。彼女は幻影ではなく実体である。ソラリスの海は高度な知性体で、人間の潜在的記憶を探ってそこに深い痕跡(こんせき)を残しているイメージを実体化してみせたのだ。その理由は? 理由を問うのは人間思考のパターンだが、海は答えず、悠々と自己運動を繰り返す。異星の知的生命体とのファースト・コンタクト・テーマに新生面を開いた作品で、1972年にはソ連のアンドレイ・タルコフスキー監督によって映画化(邦題『惑星ソラリス』)されている。[厚木 淳]
『飯田規和訳『ソラリスの陽のもとに』(ハヤカワ文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソラリスの陽のもとにの関連キーワード枯草熱宇宙飛行士ピルクス物語完全な真空金星応答なし砂漠の惑星高い城大失敗星からの帰還浴槽で発見された手記ロボット物語

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソラリスの陽のもとにの関連情報