ソルテア(英語表記)Saltaire

デジタル大辞泉の解説

ソルテア(Saltaire)

イングランド北部、マンチェスターの北東約60キロメートルにある産業集落跡。産業革命期に、事業家タイタス=ソルテア卿が理想的な産業集落を造りあげようとしたもので、工場を中心に、労働者の住宅、教会、公園、学校などが計画的に造られた。2001年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産詳解の解説

ソルテア【ソルテア】

2001年に登録されたイギリスの世界遺産(文化遺産)で、西ヨークシャーのブラッドフォード市に位置する地域。19世紀後半、タイタス・ソルト卿(1803~1876年)がつくった綿織物工場、集会所、労働者の住居などからなるモデル・ヴィレッジである。ソルト(Salt)とエア川(Aire)を組み合わせてソルテア(Saltaire)と名付けられた。現在もほとんど100年前の面影が残されている。歴史上重要な建築物群、町並みが評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はSaltaire

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

世界大百科事典内のソルテアの言及

【住居】より

…やがて工業家たちのなかから,工場と従業員住居を一体として計画する新しい都市づくりが現れる。1850年にヨークシャーにつくられたソルテアSaltaire,79年にチョコレート工場主G.キャドベリーが建設したブーンビルBournville,88年にセッケン工場主レバーの建設したポート・サンライトPort Sunlightなどがイギリスにおける代表例である。アメリカでは寝台車製造工場主G.M.プルマンが建設したプルマンPullmanの町(1880),ドイツでも製鉄会社クルップによるクルップ・コロニーKruppkolonie(1905)などの例が見られた。…

※「ソルテア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android