コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロン語 ソロンごSolon language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロン語
ソロンご
Solon language

ロシアではエベンキ語と呼ばれる。ソロン (索倫) 族 (エベンキ族の中国における旧称) の言語。ツングース語の一つ。中国東北部 (旧満州) のチチハル (斉斉哈爾) ,嫩江,愛輝,ハイラル (海拉爾) 地方や新疆の伊寧などに約3万人弱の話し手をもつ。固有の文字言語はもたず,満州語を代りに用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のソロン語の言及

【ツングース諸語】より


[分類と分布]
 ツングース諸語には次のものがあり,これらはすべて同じツングース祖語に由来するとみられる。A群:(1)エベン語Even(またはラムート語Lamut),(2)エベンキ語Evenki(狭義のツングース語),(3)ソロン語Solon,(4)ネギダール語Negidal。B群:(5)ウデヘ語Udehe,(6)オロチ語Orochi。…

※「ソロン語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソロン語の関連キーワードツングース諸語

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android