コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンゴムナラ島 ソンゴムナラトウ

デジタル大辞泉の解説

ソンゴムナラ‐とう〔‐タウ〕【ソンゴムナラ島】

Songo Mnaraタンザニア南東部沖合、インド洋上に浮かぶ小島。14世紀から15世紀に栄えた島で、アラブ人の居住地やモスクなどの廃墟が残る。1981年、隣のキルワキシワニ島に残る遺跡群とともに「キルワキシワニとソンゴムナラの遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録されたが、遺跡の浸食や破壊に対する管理体制の欠如を問われ、2004年から2014年まで危機遺産リストにも登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ソンゴムナラ島の関連キーワードキルワ-キシワニとソンゴ-ムナラの遺跡群

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android