ソ・ジソブ(読み)蘇 志燮(英語表記)So Ji-sub

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
俳優

国籍
韓国

生年月日
1977年11月4日

出生地
仁川

学歴
韓国体育大学〔1996年〕卒,青雲大学放送演技科

受賞
KBS演技大賞(4冠)〔2004年〕「ごめん、愛してる」,百想芸術大賞人気賞(テレビ部門,第40回)〔2004年〕,百想芸術大賞最優秀男性演技賞(テレビ部門,第41回)〔2005年〕「ごめん、愛してる」,韓国映画評論家協会映評賞男優演技賞(第28回)〔2008年〕「映画は映画だ」,ベスト・ジーニスト賞(国際部門,日本)〔2008年〕,SBS演技大賞最優秀演技賞・10大スター賞〔2009年〕「カインとアベル」,百想芸術大賞男性新人演技賞(映画部門,第45回)〔2009年〕「映画は映画だ」,釜山映画評論家協会賞新人男優賞(第10回)〔2009年〕「映画は映画だ」

経歴
1995年ファッションブランド“STORM”の専属モデルとしてデビュー。’96年テレビドラマ「男女6人恋物語」で俳優デビュー。以後、独特のムードと存在感で助演としてドラマ出演を重ねた後、2004年大ヒットドラマ「バリでの出来事」のイヌク役で一躍脚光を浴びる。同年主演したドラマ「ごめん、愛してる」で人気俳優の地位を確立。2005年2月末から26ケ月間、公益勤務要員として入隊。2006年「ごめん、愛してる」がテレビ東京で放送され日本でも人気を獲得。同年プロモーションで来日。2008年「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」で日本映画に初出演し、凶悪な妖怪“夜叉”を演じる。2009年除隊後初の主演ドラマ「カインとアベル」でチョイン役を演じ、日本でもWOWOWで放映される。2011年主演した恋愛映画「ただ君だけ」は韓国で観客動員130万人を記録。他の出演作品にドラマ「モデル」(1997年)、「チョアチョア」「ワンルンの大地」「女子万歳」(2000年)、「おいしいプロポーズ」「遠い路」「ローファーム」(2001年)、「ただいま恋愛中」「ガラスの靴」(2002年)、「千年の愛」(2003年)、「ロードナンバーワン」(2010年)、「ファントム」(2012年)、「主君の太陽」(2013年)、映画「盗られてたまるか」(2002年)、「映画は映画だ」(2008年)、「ソフィーの復讐」(2009年,韓中合作)、「ある会社員」(2012年)などがある。水泳選手として韓国代表に選ばれた経験がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソ・ジソブの関連情報