コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ・ジョンジュ(徐廷柱) ソ・ジョンジュ Sǒ Chǒngju

1件 の用語解説(ソ・ジョンジュ(徐廷柱)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソ・ジョンジュ(徐廷柱)
ソ・ジョンジュ
Sǒ Chǒngju

[生]1915.5.18. 全羅北道,高敞,扶安面
[没]2000.12.24
韓国の詩人。号,未堂。韓国文学家協会最高委員,芸術院会員東国大学校教授などを歴任。 1955年自由文学賞受賞。 1936年詩同人誌『詩人部落』を発行,かたわら本格的に詩を書き始めた。詩集『花蛇集』 (1941) ,『帰蜀途 (ほととぎす) 』 (1947) ,『徐廷柱詩選』 (1956) ,『新羅抄』 (1961) ,『冬天』 (1968) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソ・ジョンジュ(徐廷柱)の関連キーワード慶尚南道全羅北道大韓民国南原羅州相田洋千熊長彦益山[市]全羅道高敞、和順、江華の支石墓群跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone