コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ・ジョンジュ(徐廷柱)(読み)ソ・ジョンジュ(英語表記)Sǒ Chǒngju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソ・ジョンジュ(徐廷柱)
ソ・ジョンジュ
Sǒ Chǒngju

[生]1915.5.18. 全羅北道,高敞,扶安面
[没]2000.12.24
韓国の詩人。号,未堂。韓国文学家協会最高委員,芸術院会員,東国大学校教授などを歴任。 1955年自由文学賞受賞。 1936年詩同人誌『詩人部落』を発行,かたわら本格的に詩を書き始めた。詩集『花蛇集』 (1941) ,『帰蜀途 (ほととぎす) 』 (1947) ,『徐廷柱詩選』 (1956) ,『新羅抄』 (1961) ,『冬天』 (1968) がある。情緒や感覚より人間の生命,本能,意志を重要視し,作品には人間の運命的業苦に対する葛藤と身もだえ,自然との和解,幽玄な精神世界や仏教の象徴世界に対する関心などがみえる。日本に紹介されている詩集も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android