コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーヌエロアール県 ソーヌエロアールSaône-et-Loire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーヌエロアール〔県〕
ソーヌエロアール
Saône-et-Loire

フランス中部,ブルゴーニュ地域 (レジオン) の県。マシフサントラル (中央山地) 北東部にある。県都マコン。中央東部のソーヌ川の河岸平野から東部のブレス平原にかけては肥沃な農業地帯で,コムギ,トウモロコシ,テンサイなどが栽培され,多数の乳牛や家禽が飼育される。河谷の西マコネー丘陵の斜面ではブドウが栽培され,赤ワインは有名。西部の山地では肉牛が飼育される。炭鉱があり,ソーヌ川と県西端のロアール川を結ぶサントル運河や鉄道沿いの都市では製鋼やその関連工業が立地,ルクルーゾーがその中心。面積 8575km2。人口 55万 9413 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソーヌエロアール県の関連キーワードサン・フィリベール聖堂[トゥールニュ]サン・ラザール大聖堂[オータン]シャロンシュルソーヌシャルネ・クラスプソリュートレ遺跡モンソーレミーヌクリュニーオータン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android