ソールズベリー平野(読み)ソールズベリーへいや(英語表記)Salisbury Plain

翻訳|Salisbury Plain

世界大百科事典 第2版の解説

ソールズベリーへいや【ソールズベリー平野 Salisbury Plain】

イギリス,イングランド南西部,ウィルトシャー中部にある平野。面積約775km2。ウェセックス丘陵の一部をなす白亜層の波浪状丘陵で,北はピュージー河谷で限られるが,他の境界不明瞭。エーボン川水系の河川が丘陵面を浸食し,幅広い谷底は草地斜面は放牧地となって,酪農を中心に牧羊混合農業が行われる。不毛地も多く,軍隊の演習地に利用される。先史時代より人類の居住が進み,ストーンヘンジなどの巨石記念物をはじめ遺跡が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソールズベリー平野
そーるずべりーへいや
Salisbury Plain

イギリス、イングランド南部、ウィルトシャー県中央部の平原。中生代白亜紀層のチョークからなる標高200メートル以下の低い丘陵である。平野を侵食する数本の河川が南縁のソールズベリー市付近で合流し、エイボン川となってワイト島西側でイギリス海峡に注いでいる。先史時代には文化接触の重要地点となり、ストーンヘンジに代表される巨石記念物が残っている。[小池一之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android