コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てす てす

大辞林 第三版の解説

てす

( 連語 )
〔「てそう」の転。中世末期の語〕
「…た」「…ている」の意の丁寧語。…ました。…ています。 「いやそれがしは此あたりの者ぢやが、野遊びに出-よ/狂言・禁野 虎清本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てすの関連キーワード泣き猿楽・泣き申楽・泣猿楽・泣申楽高知県高知市春野町弘岡下マーゴット ツェマックケルムスコット・プレス蒲生(鹿児島県の地名)民撰議院設立建白書高知県高岡郡津野町志賀島の国宝金印伊達巻き・伊達巻福島(福岡県)東山(旧町名)寒川(愛媛県)忠言耳に逆らうロイ・ヌオックアンバラバオ小川(町)アマルフィ内海英華いじける風見の烏

てすの関連情報