コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ連演劇 ソれんえんげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソ連演劇
ソれんえんげき

ソ連誕生期の演劇界には,一方に K.スタニスラフスキーと V.ネミロビッチ=ダンチェンコに率いられたモスクワ芸術座があり,他方には V.メイエルホリドや A.タイーロフの実験的な試みがあった。 A.アフィノゲーノフや V.マヤコフスキーが新鮮な作風によって注目されたのもこの頃である。しかし 1930年代に入ると,社会主義リアリズムの旗幟のもとに,これらの実験劇は形式主義として否定された (→社会主義リアリズム演劇 ) 。スターリンの死後,政治的統制はゆるめられ,モスクワでは風刺劇場の V.プルーチェク,現代人劇場の O.エフレーモフ,タガンカ劇場の Y.リュビーモフらが固定化された演劇空間を広げ,また海外戯曲を紹介。劇作家としては A.アルブーゾフや V.ローゾフが教条的社会主義リアリズムを離れた柔軟さで人気を得た。 (→ロシア演劇 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソ連演劇の関連キーワードイワーノフ(Vsevolod Vyacheslavovich Ivanov)エルデネバトゥイーン オヨーンフセヴォロド ビシネフスキーコンスタンチン トレニョフトレニョフオヨン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android